My picture appear in WB website!!!

名古屋大学キャリアフォーラムと世銀情報コーナー 50名を超える大学院生が参加したキャリアフォーラム 2007年7月26日、名古屋 - 世界銀行情報センター(PIC東京)は本日、名古屋大学大学院国際開発研究科と同院生部会が開催したフォーラム「国際開発・協力の仕事を目指す人のためのキャリアガイダンス」に参加しました。 同研究科の大学院生を中心に約50名が参加したフォーラムでは冒頭、西村美彦・同研究科長・教授の歓迎挨拶の後、大森功一・世界銀行東京事務所広報担当官、森真一・有限会社アイエムジー代表取締役社長、松本悟メコン・ウォッチ事務局長がそれぞれのキャリアパス、業務内容、やりがいや困難な点、参加者へのアドバイスなどを話しました。後半は、3つのグループにわかれ、各スピーカーを囲んでの質疑応答や意見交換を行いました。 同研究科の国際開発図書室には、世界銀行情報コーナー(PICキオスク)が設置されています。PICキオスク校には、PIC東京から定期的に世銀出版物・書籍などを提供するとともに、世界銀行職員によるテレビ会議セミナーやレクチャーなども頻繁に実施しています。日本国内には、広島大学大学院国際協力研究科、神戸大学大学院国際協力研究科、北海道大学大学院国際広報メディア・観光学院にPICキオスクを設置しています。 国際開発図書室担当の夏目弥生子さんと岡美江さんによれば、資料室では世界銀行の出版物をすべて収集し研究者・大学院生がいつでも閲覧できるよう取り組んでおり、世界開発指標や世界開発金融などデータ資料の年次刊行物などへの需要が高く、とくにCD-ROM版を積極的に活用する院生が増えているとのことです。 名古屋大学大学院国際開発研究科 世界銀行情報コーナー(PICキオスク) PICキオスク担当の夏目弥生子さん(写真、左から3人目)、岡美江さん(左から、2人目)と開発図書室を活用する大学院生の皆さん 世界銀行の出版物は全件収集している Advertisements